妊娠中のデンタルケアのヒント

Dental care during pregnancy

妊娠中は、歯茎と歯のケアを十分に行うことが重要です。 妊娠は「n」回のホルモン変化を引き起こし、これが歯や歯肉の病気を引き起こす全体的なリスクを高め、妊娠中の母親と赤ちゃんの健康に影響を与えます. 以下は、妊娠前、妊娠中、および妊娠後に口腔衛生を維持するのに役立ついくつかの有益なヒントです.

1). つわりの後に歯を磨かない

頻繁に嘔吐する場合は、嘔吐後すぐに歯を磨くのではなく、小さじ 1 杯の重曹と水を混ぜたもので口をすすぐようにしてください。 胃酸が歯に繰り返し接触すると、歯のエナメル質がすり減る可能性があります。

2). カルシウムの量を増やす
妊娠中に食べるものは、歯だけでなく、子供の歯の発育にも影響します。 したがって、妊娠中はカルシウムの量を増やすことが重要です。 十分な量のカルシウムは、深刻な病気である骨粗鬆症のリスクを低下させ、子供が強い歯と骨を発達させ、虫歯や虫歯を防ぐのに役立ちます. カルシウムの優れた供給源には、チーズ、牛乳、ほうれん草、ヨーグルト、アーモンドなどがあります。 食事に十分な量のカルシウムを追加したい場合は、医師に相談し、カルシウムの最良の供給源として機能する必須サプリメントを利用してください.

3) 日常生活にフロスを追加する
妊娠は、歯周病や歯肉炎などのさまざまな歯の健康問題のリスクを高める可能性があります。 実際、妊娠中の女性の 40% が妊娠中に歯肉炎にかかり、妊娠性歯肉炎とも呼ばれます。 さて、問題は、この深刻な病気を防ぐために何をしなければならないかということです。 定期的なデンタルフロスは、歯の健康を維持するために欠かすことのできないステップの 1 つです。 しかし、あなたが期待しているとき、それは非常に重要です。 フロスは、歯の間の細菌や食べかすを取り除き、歯垢に変わるのを防ぎます。 毎日の習慣でフロスを使用すると、歯垢の蓄積を防ぐことができます。

重度の歯周病にかかっていると思われる場合は、遅かれ早かれ行動する必要があります。 歯肉炎を放っておくと歯周病になり、お口の健康を害します。 歯周病は、あごの骨や歯肉を損傷する可能性があります。 歯ぐきからの出血、圧痛、咀嚼中の痛みなどの歯肉炎の症状がある場合は、歯科医に助けを求めて予約を入れる必要があります。

4) 歯科予約を延期しないでください
歯茎と歯を優れた形に維持するためのより良い方法があります。つまり、かかりつけの歯科医に行くことです。 かかりつけの歯科医は、あなたの歯の問題が深刻になる前に発見し、最善の歯科治療を提供することができます。 さらに、妊娠中や緊急の歯科治療が必要な場合は、定期的な歯科検診を受けることが絶対に安全です.

結論
妊娠中の歯科治療については、上記のヒントを参考にして、歯の健康を守りましょう。 気になる症状や歯ぐきの炎症でお悩みの方、定期歯科検診で安心を手に入れたい。歯科医の予約を取り、健康な歯と美しい笑顔を手に入れましょう