口腔の健康:最も一般的な問題とその対処方法

Orl health issues

適切な歯科衛生を守り、口腔の健康を最高の状態に保つことが不可欠です。世界保健機関によると、口腔疾患は深刻な非感染性疾患であり、生涯を通じて人々に影響を及ぼします、不快感、外観の損傷、および死を引き起こします。 私インドは口腔がんの世界首都と見なされており、一部のアジア太平洋諸国では、口腔がんはすべてのがんの上位 3 位以内にあります。

 

ほぼすべての口腔トラブルは予防可能です そして初期の段階で治療することができます。 私たちの口は、善玉菌だけでなく悪玉菌の繁殖地でもあります。 口腔衛生状態が悪いと、虫歯や歯周病につながる可能性があり、心臓病、がん、糖尿病にも関連しています. そのため、グルガオンで最高の歯科医院で早めに相談することをお勧めします。

 

そして、ここに最も一般的な5つの歯の問題とその解決策があります

1) 空洞

むし歯は、プラーク中の細菌が歯に定着することで発生します。 ゆっくりと、歯垢によって生成された酸が歯を侵食し始め、穴が形成されます。 虫歯は子供だけでなく大人にも影響を与える一般的な歯の問題です. それにもかかわらず、成人のわずか 12.4% しか歯科で口腔の治療を受けていません。 空洞は詰め物で簡単に治療できます。 しかし 治療せずに放置すると、感染症になる可能性があります。

 

2) 歯周病(歯肉炎)

歯周病または歯肉炎は、歯茎の炎症であり、歯のプラークの蓄積によって引き起こされます. 口腔衛生が悪いことが原因です。 歯周病は初期の段階であれば簡単に治療できますが、治療を怠ると歯ぐきが腫れ、ブラッシング時に出血することがあります。

 

3) 口腔がん

インド人は、世界のどの国よりも多くのタバコを消費しています。 口腔がんは死に至ることもある重篤な病気です。 これには、歯茎、舌、唇、頬、および口の底のがんが含まれます。 口腔がんの症状は、ただれ、しこり、ザラザラした部分、咀嚼やあごの動きの困難です。 定期的な歯科受診は、口腔がんの早期発見に役立ちます。

 

4) 口内炎

口内炎は非常に痛い場合があります。 2週間で消えれば心配いりません。 時間内に訪問すれば、歯科医によって簡単に治療できます。

 

5) 歯の過敏症

温かい食べ物や冷たい食べ物を食べているときに軽度の痛みや不快感を感じると、歯が敏感になります. 知覚過敏は、歯周病、歯のひび割れ、または歯茎の後退の結果である可能性があります。 過敏症は、口の習慣を少し変えることで治療できます。 突然発症した場合は、歯科医に診てもらうことが不可欠です。

 

6) 歯が折れたり欠けたりしている

大小を問わず、歯ぎしりや硬い食べ物の摂取は、歯が折れたり欠けたりする原因となります. ご心配なく、 折れた歯はクラウンまたはベニヤで元の形に戻すことができます

口腔の健康は、私たちの全体的な健康と幸福に深く関係しています。 しかし、ほとんどの人はそれを無視しています。 少なくとも 1 人ができることは、口腔の健康を確保するために、6 か月または 3 か月ごとに定期的に歯科医を訪問することです。 お口の健康は、健康な体の維持につながります。